文庫版 天と地をつなぐ者

【品切れ】
五井昌久 著
文庫判
ISBN 4-89214-141-6

「霊覚のある、しかも法力のある無欲な宗教家の第一人者は五井先生でしょう」とは、東洋哲学者・安岡正篤先生の評。著者の少年時代から、厳しい霊修行をへて、神我一体になるまでの自叙伝である。

内容紹介 (目次)


自序 / 少年期(一) / 少年期(二) / 青年期 / 神を求めて

神の計画 / 脱皮しつつ / 幽界・霊界との交流 / 現実世界への離別

苦難の霊的修行 / 自由身への前進 / 天と地ついに合体す

 

序文より

天と地をつなぐ者という題名は天(本体)と地(肉体的人間)とを合体させた私の霊的体験によるもので、人間はすべて、そうしたものであることをこの書によって少しでも多くの人に認識していただけたら、と切望しているものである。

他のエディション

著者紹介

五井昌久 (ごい まさひさ)
大正5年東京に生まる。昭和24年神我一体を経験し、覚者となる。白光真宏会を主宰。祈りによる世界平和運動を提唱して、国内国外に共鳴者多数。昭和55年8月帰神(逝去)さる。

次の記事

魂が大きく開く時